新宿区 任意整理 弁護士 司法書士

お金や借金の相談を新宿区在住の方がするならコチラ!

借金が返せない

債務の悩み、借金の問題。
お金の悩みは、自分だけではどうしようもない、大きな問題です。
ですが、弁護士・司法書士に相談しようにも、ちょっと不安な気持ちになってしまう、という方も多いでしょう。
このサイトでは新宿区で借金・債務のことを相談する場合に、おすすめの相談事務所を厳選して紹介しています。
インターネットを利用して相談できるので、初めての相談という方も安心です。
また、新宿区の法律事務所・法務事務所も載せているので、それらも参考にしてみてください。

新宿区在住の方が任意整理や借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の債務・借金返済問題の相談なら、コチラの事務所がおすすめです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払は、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能。
個人再生、自己破産、過払い金、任意整理、など、借金のことを無料相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金や債務の悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適した方法で多重債務・借金の問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいので、おトクに解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口もあるので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



街角相談所-法律-

街角相談所-法律-

新宿区の人が債務整理や借金の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金解決診断シミュレーター」という、ネットでできる診断ツールです。
とても簡単な5つの質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し不安。
そんな人にピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
キライ全国に対応している法律事務所・法務事務所のサービスなので、新宿区の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった5つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で使える!
  • 全国対応!
借金解決の第一歩として、無料診断、試してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。

新宿区近くの他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

新宿区には他にも司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてください。


●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

地元新宿区の法務事務所・法律事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、不安なく相談できる方も多いのではないでしょうか。

新宿区在住で借金返済に困っている状況

借金が増えすぎて返済できなくなる理由は、大概浪費とギャンブルです。
パチスロや競馬など、中毒性のある賭博に溺れてしまい、借金をしてでも続けてしまう。
そのうち借金はどんどん膨らんで、とても返しようがない金額に…。
あるいは、ローンやクレジットカードなどでブランド物や高級品をたくさん買い続け、借金が大きくなってしまう。
カメラや模型など、無駄にお金のかかる趣味につぎ込んでしまうのも、「浪費」と言えます。
自分の責任で作った借金は、返さなければなりません。
ですが、利子も高く、返すのがちょっときつい。
そういう時に頼みの綱になるのが「債務整理」です。
司法書士や弁護士に相談して、借金の問題の解決に最善のやり方を探りましょう。

新宿区/債務整理のデメリットって?|任意整理

債務整理にもいろいろな手口があり、任意で業者と交渉する任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生・自己破産という種類があります。
じゃこれらの手続についてどういう債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これ等の3つの方法に共通していえる債務整理の欠点というのは、信用情報にそれら手続を進めた事実が載ってしまうという点です。いわゆるブラック・リストというような状態になります。
そうすると、おおむね五年〜七年の間、カードが創れなくなったり借金が不可能になるでしょう。だけど、貴方は返済するのに悩みこれ等の手続きを実施する訳ですから、もうちょっとの間は借入しない方が良いのじゃないでしょうか。
カードに依存し過ぎる方は、逆に言えば借金が出来ない状態なる事によって出来なくなる事で助かるのじゃないかと思われます。
次に個人再生もしくは自己破産の債務整理デメリットですが、官報にこれらの手続を進めた旨が掲載されてしまうという事が挙げられるでしょう。とはいえ、貴方は官報等読んだことが有るでしょうか。逆に、「官報って何」といった人の方が殆どではないでしょうか。
実際、官報は国が作るする新聞の様な物ですけれども、クレジット会社などの特定の方しか目にしません。ですから、「自己破産の実態が周りの方に広まった」等といった事はまずありません。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1度自己破産すると七年間は二度と自己破産出来ません。そこは十二分に注意して、2度と自己破産しなくても済むようにしましょう。

新宿区|個人再生のメリットとデメリットって?/任意整理

個人再生の手続きをやる事によって、今、持っている借金を減額することが出来ます。
借金の全額が多過ぎると、借金を払うお金を工面することが不可能になると予測できますが、軽くしてもらうことにより返済しやすくなります。
個人再生では、借金を5分の1に軽くする事も出来ますので、返しやすい状況になります。
借金を支払いたいけど、今、持っている借金の全額が多くなった方には、大きなメリットになるでしょう。
また、個人再生では、車または家などを売却することも無いという長所があります。
私財を守りながら、借金を払戻できるという利点が有るから、ライフスタイルを一変しなくても返すことも可能です。
しかし、個人再生については借金の支払を実際にやっていけるだけの給与がなくてはいけないというハンデも存在します。
このような仕組みを利用したいと思っても、定められた額の収入金がなければ手続を実行する事は出来ないので、所得の無い人にとっては不利な点になるでしょう。
しかも、個人再生をすることで、ブラック・リストに載るから、そのあと一定時間は、クレジットを組むとか借金をする事が不可能という不利な点を感じることになるでしょう。

関連するページの紹介です